(18)地産地消の家づくり 八百津 N邸  国産材・杉と松と檜・の・家

.

八百津といっても美濃加茂寄りの開けた田園の北の古い民家のあった土地に建っています

敷地内には梅の木に柿の木カリンの木などの畑もあり、古い井戸もあります。

裏の竹林のおかげで敷地の北には竹の子がモコモコと生えてきて、自生のたらの芽もありの

のどかな生活満喫というロケーション

家の西側にはスケートボーダーの旦那さんのボードパークをセルフでつくる予定だそうです。

ローコストでがらんどうな家をつくってデザイナーである御夫婦が住みながら少しずつ

作り続けていくというスタイル

  一口に  家 といってもいろいろあります

ローコストといっても自然素材+パッシブソーラーを基本にしますと

深い軒は不可欠、さらに言うと建物の寿命は軒の深さに関係しています。

地方でしかできない

.....おおらかな生活....

..

水族館みたいですが、風呂です

.

...

1階半分は土間.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

work トップへ