スマートフォン解析 自然道建築研究所

ウナ薪ストーブとペチカ

ボヘミア

.

冬の楽しみ

北欧ノルウエー ヨツール社のストーブ

長野県のストーブメーカーの特注ストーブ

.

ガラスの前でも大丈夫

火をみてるだけでくつろげます

今度はペチカです

このスタイルのペチカを開発した伊那の有賀製材所さんに
いろいろ教わりながら施主のKさん自らつくったペチカ
薪ストーブより暖かみは長持ちします。

手前が焚き口後ろが煙道のレンガ体

ペチカというのは蓄熱体をもったストーブと考えてください。手前のベージュの
レンガ(耐火煉瓦)でできた焚き口と後ろの奥行きのある2メートルくらいの
レンガでできた煙道(蓄熱体)でできています。今回は煙突部分は薪ストーブ
用の煙突を使いましたが、屋根上までレンガで煙突部分を積むのが本式です。
煙道のレンガ体の中には横に何層にも煙が走る構造になっていて煙突に至るま
でに
時間がかかり熱を溜めていくようになっています。..........
薪ストーブでも立上がりには2〜3時間かかりますが、ペチカはもっとかかり
ます。薪ストーブも寝る前に大きな薪をいれて朝までもたせますがペチカも
レンガを冷やさないよう火を焚いて薪を補充していくという感じで考えたほ
うが分かりやすいと思います。
.....................

トップへv